受変電・発電設備

PASとPGS、UASとUGSの違いとは?【電気用語をわかりやすく解説!】

PASとPGS? UASとUGS?
似ている用語が多くてわかりません。
素人にもわかるように教えてください。

このような疑問にお答えします。

本記事の信頼性
  • 筆者は大手建設会社で設備設計に従事【現場経験が豊富】
  • 第2種電気主任技術者を筆記試験で取得【資格試験にも精通】
電気設備には似た用語がたくさんあります。
違いを理解した上でしっかりと使い分けましょう!
この記事でわかること
  • PAS・PGSとはなにか?
  • UAS・UGSとはなにか?
  • それぞれの違いや特徴は?

PASとPGSとは?

PASとPGS

PAS(柱上高圧気中開閉器)とは?

PASは何の略称?
正式名称は?

PASの正式名称は、「Pole Air Switch」です。それを略してPAS(パス)と呼びます。

PASとは日本語で言うと、「柱上高圧気中開閉器」といいます。

その名の通り、電柱の上の方についている開閉器です。

また、絶縁油を使用せず、空気中で負荷電流を遮断する構造になっています。

PASの代表的な使い方は、停電作業の際に、近隣に影響が出ないように「切」操作し、作業が終わったら「入」に戻します。

そのほかは突発的な電気事故が発生した際に、動作し影響範囲を小さくする働きがあります。

PASの役割

PASにはどんな役割があるの?

PASの一番の役割は、波及事故を防ぐことです。

波及事故とは、一つの電気事故が原因で周りの施設の遮断器が動作して停電範囲が広がることをいいます。

そのため、電気事故が起きた際はすぐにPASが動作して事故範囲を限定し、被害を最小限に留めることが重要です。

また、PASがないと負荷開閉器もしくは遮断器でしか電路を保護ができません。

つまり、負荷開閉器や遮断器の上位にある高圧引込ケーブルを保護することができないのです。

そのため、ケーブルに支障をきたすと地絡事故を引き起こすおそれがあります。

そのほかPASには、不燃性で価格も安く、また保守性が高く点検がしやすい特徴があります。

そのため、日本中で広く使用されています。

PGS(柱上高圧ガス開閉器)とは?

PGSとPASは何が違うの?

PGSとPASは基本的な役割は一緒です。

唯一の違いは、負荷電流の遮断方法です。

PASは、空気中で負荷電流を遮断する構造でしたが、PGSはSF6ガスで負荷電流を遮断します。

PGSの正式名称は、「Pole Gas Switch」です。それを略してPGSと呼びます。

日本語でいうと、「柱上高圧ガス開閉器」です。

PASと同じ機能を兼ね備え、空気の代わりにSF6ガスを封入しています。

そのほかの特徴、メリット・デメリットはPASと一緒ですね。

UASとUGS

UASとUGS

UAS(地中線用高圧気中開閉器)とは?

次に、UASについて解説します。

UASの正式名称は、「Underground Air Switch」です。それを略してUASと呼びます。

日本語でいうと、「地中線用高圧気中開閉器」です。

その名の通り、地中配線線の保護を目的に、特に大都市圏でよく用いられます。

UASの役割

UASも同様に、基本的な役割はPASやPGSと一緒です。

LBS(負荷開閉器)やVCB(真空遮断機)で設備の保護を行いますが、これらはあくまでのキュービクル内の保護です。

そのため、キュービクルの外の高圧ケーブルにおける地絡・短絡事故を防ぐことはできません。

そこで高圧ケーブルを保護し、波及事故を防止する役割があるのがUASです。

UASを設置するメリット・デメリット

UASは、「PASの地中配線版」です。

そのため、役割や用途はほとんど同じですね。

ただし、電柱に設置されているか、地面に設置されているかの違いがあります。

決定的な違いは、地中配線を保護するUASの方が工事費が高いことです。

そのため、架空配線などで済む場合は、PASを設置した方が安価のため、地方ではPASの方が一般的です。

UGS(地中線用高圧ガス開閉器)とは?

UGSの正式名称は、「Underground Gas Switch」です。それを略して「UGS」と呼びます。

PASとPGSのとき同様に、UGSは「UASのガス版」と考えて問題ありません。

特徴や役割はUASと一緒です。

まとめ:PASとPGS、UASとUGSの違いを理解しよう!

最後に本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • PASとPGS、UASとUGSは波及事故を防ぐ重要な設備
  • PASとUASは空気、PGSとUGSはSF6ガスで負荷電流を遮断する
  • PASとPGSは地上、UASとUGSは地中配線を保護する

電気を扱う上で、事故を防ぐことが第一です。

さらに、万が一事故を起こしてしまった時には周りに波及させないことが極めて重要になります。

同様に、周りからの事故に備え、自らの設備を保護することも忘れてはいけません。

そのため、PASとPGS、UASとUGSの特徴や役割をよく理解し、適切に運用することが必要です。

ぜひ今回の記事を参考に、それぞれの違いについて理解しましょう。

今なら電験3種合格対策が全員無料で貰える!
詳細はこちら
今なら電験3種合格対策が全員無料で貰える!
詳細はこちら