受変電・発電設備

遮断器とは?【過電流遮断器、漏電遮断器、配線用遮断器の違い】

遮断器の役割がわかりません。
素人でもわかるように教えてください。

本記事では、このような疑問にお答えします。

本記事の信頼性
  • 筆者は大手建設会社で設備設計に従事【現場経験が豊富】
  • 第2種電気主任技術者を筆記試験で取得【資格試験にも精通】
遮断器は断路器と並んで電路を構成する基本設備です。
しっかりと役割や機能について理解しましょう!
この記事でわかること
  • 遮断器とは何か?
  • 遮断器の種類は何がある?
  • 断路器との違いは?

遮断器とは?

遮断器とは?

遮断器の役割は?

遮断器にはどういう役割があるの?

遮断器というと、電車の踏切にあるアレを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、厳密には電車の「しゃだんき」を漢字で書くと「遮断”機”」です。

「器」と「機」の違い
  • 「器」:単純な原理で動作するもの。うつわ。
  • 「機」:細かい細工を施して動くようにしたもの。しかけ。
今回は「遮断器」のため、まさにスイッチで電路を開いたり、閉じたりする単純な原理のものです。

遮断器の正しい使い方は?

遮断器の使い方は大きく分けて2つあります。

遮断器の使い方
  • 主に点検の場合など、正常動作時に負荷電流を遮断し、電路の開閉を行う
  • 保護継電器と連携して事故電流(特に短絡事故電流)などを遮断する

大きく分けると上記の2パターンです。

特に大きな役割を果たすのが、事故のときです。

その場合は、ちゃんとした機器選定を行わないと、事故電流を確実に遮断できず、周囲を巻き込んだ波及事故になったり、感電事故の原因にもなります。

遮断器には事故を防ぐ重要な役割があります。
正しい使い方をしっかりと理解しましょう。

遮断器の種類は?

遮断器の種類は?

過電流遮断器

過電流遮断器は、遮断器の中でもっとも基本的なものです。

その名の通り、電気回路に過電流や短絡電流などの大電流が流れた場合に、自動的に電気回路を遮断します。

過電流遮断器の種類
  • ヒューズ:溶断して回路を遮断する。
  • 配線用遮断器:電磁力等を利用して接点を開いて回路を遮断する。
  • 漏電遮断器:配線用遮断器に漏電機能がついたもの。

過電流遮断器には、上記の3種類があり、これらをまとめて「過電流遮断器」と呼びます。

一般的に工場や事業所などの大規模需要家では過電流遮断器、一般家庭などの小規模需要家には配線用遮断器または漏電遮断器と呼ぶ場合が多いです。

ヒューズ

ヒューズは配線用遮断器とどう違うの?

ヒューズの最大の特徴は、一度溶断してしまったヒューズは交換する必要があり、再利用できないことです。

ヒューズとは、定格以上の電流が流れたとき、通過電流による発熱で内部の導体が溶断し、電流を遮断する安全装置のことをいいます。

ヒューズは配線用遮断器に比べて小型で安価ですが、繰り返し利用できない欠点があります。

また、ヒューズに大電流が流れた場合で溶断に至らなかったとしても、ヒューズの内部導体が劣化するため、こまめな点検などで適切に電路の安全を確保する必要があります。

ヒューズは小型で安価な分、メンテナンスに手間がかかる装置なんだね。
ヒューズは小型機器にも内臓しやすいため、家庭ではドライヤーやヘアアイロンなどに使用されているよ。

配線用遮断器

配線用遮断器が難しくてよくわかんない。
素人にもわかりやすいように教えてほしい。

配線用遮断器は、いわゆる「家庭のブレーカー」のこと。

構造としては、開閉装置と過電流引外し装置を内部に持ち、過電流を検出して電路を遮断します。

そのほかの特徴は上記の過電流遮断器と同じです。

配線用遮断器は漏電に対しての保護機能を持っていないため、漏電検出を行う場合は配線用遮断器ではなく漏電遮断器を用いる必要があります。

配線用遮断器は家のブレーカーと同じもの。
漏電検知が目的なら漏電遮断器が必要だよ。

漏電遮断器

配線用遮断器と同様に家庭でもよく使用されるのが「漏電遮断器」です。

配線用遮断器との大きな違いは、漏電も検知できることです。

過電流のような大電流に加えて、数十mA(ミリアンペア、アンペアの千分の1)程度の電気の漏れを検知し、電路を遮断します。

内線規定などの電気法令には、水気のある場所など、漏電のおそれがある場合には、配線用遮断器ではなく、漏電遮断器を使用することが明記されています。

使用環境に応じて、漏電遮断器を適切に使用することが大事なんだね。
漏電遮断器の仕組み
  • 内部の零相変流器が電気配線や電気機器からの漏電(地絡)電流を検出する。
  • 漏電電流が一定以上流れたら回路を自動的に遮断する。
漏電遮断器は配線用遮断器の上位互換と考えるとわかりやすいよ。
過電流や短絡電流に加えて漏電も検知できる、まさに「一人二役」。

まとめ:遮断器は種類が豊富!適切に機器選定をしましょう!

まとめ:遮断器は種類が豊富!適切に機器選定をしましょう!
遮断器を選ぶポイント
  • 保守・メンテナンス性(一度きりか、繰り返し利用か)
  • 使用環境(水気や水漏れがないか)

遮断器にはいろいろな種類があります。

それぞれの特徴を理解してしっかり使い分けることが大切です。

遮断器の選定条件は「内線規定」等の各種法令に記載があります。
必ず法令を満たした設計を行いましょう。
電験3種は就職・転職に有利?【難易度や勉強法・問題集・参考書を解説】電験3種が電気業界の就職や転職にどれくらい有利か知っていますか。本記事では、電験3種が就職・転職に有利な理由と電験3種の取得方法について解説します。電験3種の難易度や勉強方法、問題集・参考書もまとめていますので、ぜひご覧ください。...