機械設備

緊急遮断弁とは【わかりやすく解説します】

緊急遮断弁がどんなものかわかりません。わかりやすく教えてください!

このような疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 緊急遮断弁とはどんな設備か?
  • 緊急遮断弁の役割は?
  • 緊急遮断弁の用途は?

緊急遮断弁とは

緊急遮断弁とは

緊急遮断弁とは、「地震などの緊急時に水流やガスなどの経路を遮断して事故を未然に防ぐ弁(バルブ)」のことをいいます。

通常は感震器で地震を感知すると、弁の閉信号を送信して緊急遮断弁を閉じるよう動作します。

たとえば生活に必要な水を貯蔵する受水槽に緊急遮断弁を設置することで、災害時に水が流出するのを防ぐとともに、汚水の逆流を防ぐ役割を担います。

水道事業の場合は、主にバタフライ弁を使用しますが、用途に応じて適切な弁を選定する必要があります。

また、緊急遮断弁を有効に活用するためには、定期的な保守点検が重要です。

いざという時に備えて予防保全を徹底し、緊急時に適切に動作するよう準備しましょう。

まとめ:緊急遮断弁は災害から生活を守る立役者

まとめ:緊急遮断弁は災害から生活を守る立役者

緊急遮断弁は日常では役割に気づきにくい設備ですが、地震などの災害時に無くてはならない重要な役割を担っています。

そのため、普段から定期的に点検を行うとともに、その機能を十分理解しておくことが大切です。

緊急遮断弁はその名の通り「緊急時に機能する重要設備」なんだね!
今なら電験3種合格対策が全員無料で貰える!
詳細はこちら
今なら電験3種合格対策が全員無料で貰える!
詳細はこちら